初心者のための治験情報サイト

知っておきたい治験のアレコレ

治験の参加費用について

治験の参加費用について 治験では、実際に病気を患った患者さんが対象となる場合があり、医師から直接参加を勧められるのです。
通常であれば、患者さんの治療費は多くの場合3割が自己負担となります。
しかし、治療費の負担と参加に伴う負担の軽減があり、費用について国の定める制度が適用されることがあります。
同意した日から最後の検査が終わった日までの期間で、患者さんが受けた、血液検査や尿検査、レントゲンやCTなどの画像診断を伴う検査費は治験を実施している製薬会社などから支払われます。
そのために、患者さんが検査や診察を受けたときに毎回支払っている健康保険などの1部の負担が少なくなります。
ただし、決められた日に来院しなければならないので、通常の通院よりも多くなってしまうことがあります。
患者さんは通院のための交通費など、患者負担軽減費を病院から支払いをしてもらうのです。
患者さんにとって、決められた日に通院するなど、自由が利かなくなる場合もありますが、その分かかる費用を減らすことができます。

治験の際の医療費は製薬会社の負担になるの?

治験の際の医療費は製薬会社の負担になるの? 治験は新しい薬の開発に携われるといった社会的な意義のあるアルバイトです。
治験に関わる費用は薬を開発する製薬会社が負担することになっていて、新薬の開発には膨大な費用が掛かるといわれています。
治験を実施する際も、製薬会社が治験を実施するための費用を出しているのです。
医療費については臨床実験を受ける人が負担する必要があるかもしれません。
しかし、その後、医療費用をしっかりとカバーできるお礼金が貰えるようになっていたりするのです。
薬を作っている会社はこの臨床実験が終われば、国に薬を正式に認めてもらうための手続きに入り、予定していた日程通りに新薬が販売されるように具体的なプランを定めてこうした実験が行われているのです。
そのため、会社はそうした臨床実験できちんと薬の許可が下りやすくなる人を選んで参加を依頼するといった工夫なども行われているといえます。
このように、こうした臨床実験の費用は基本的に薬を作っている会社が用意しているということなのです。

新着情報

◎2019/3/22

国のルールよって行われる
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

個人情報の管理
の情報を更新しました。

◎2019/1/10

サイト公開しました

「治験 費用」
に関連するツイート
Twitter

@jazietar 住んでる世界は、全く違うと思います。山クリさんは子供の頃と仕事をしていた時の苦労は想像もつかないですが、治験はどこでも誰でも受けられるわけではありません。それまでの検査や治療を考えたらそれなりに費用はかかっているはずです。それはひろこさんにも言えます。

RT @noisy_ikusaba: 3~4浪とか西成にちょっとお世話になった後に保証人不要の事故物件(家賃2万ちょっと)住んで短期肉体労働(月26日出勤)と治験で日銭と受験費用を稼ぎ夏はエアコンも付けず扇風機1つで凌ぎ何もかもを自分自身で調達し手続きして365日中360日は孤…

TwitterAkemi 頭の中が房総半島@I_want_freedom_

返信 リツイート 昨日 15:16

返信先:@zig_low なんか治験費用とか色々の支払いも医者の個人宛じゃなきゃいけなかったりとか色々あるみたい。色々。

Twitterˢᵒˢᵘᵏᵉ そーすけ ˢᵒˢᵘᵏᵉ@so_su_ke_08_01

返信 リツイート 昨日 12:56

臨床試験の説明を受ける際には、詳しい説明文書がもらえるので、しっかり読んで分からないことは主治医や、臨床試験コーディネータと呼ばれる専門の人に相談する。 費用面のことなど、分からないことはない、というところまで確認してから決めるべき。 #がん #癌 #治験 #臨床試験

Twitter本村ユウジ@がん治療専門アドバイザー@motomurayuji

返信 リツイート 3/25(月) 18:28

友達の兄が実家でニートらしく、オフ会の費用やパソコン代だけ稼ぎにたまに治験のバイトしてるらしい。 でも友達は親からお金せびられるらしく、好き勝手してる兄の事が嫌みたい。(当たり前だよね)

3~4浪とか西成にちょっとお世話になった後に保証人不要の事故物件(家賃2万ちょっと)住んで短期肉体労働(月26日出勤)と治験で日銭と受験費用を稼ぎ夏はエアコンも付けず扇風機1つで凌ぎ何もかもを自分自身で調達し手続きして365日中360日は孤独に耐え毎日フラッシュバックが襲う地獄みたいな生活だった

RT @norionakatsuji: 少しは反論してるが不十分かも。然し、安全性確認だが有効性未確認(代替治療に対する優位性の以前に)の段階で条件付承認する事には、現実の問題起きるリスクあるのだから、開かれた論理的議論と国民に説明が必要。最悪シナリオは、失敗した治験後期の費用

RT @norionakatsuji: 少しは反論してるが不十分かも。然し、安全性確認だが有効性未確認(代替治療に対する優位性の以前に)の段階で条件付承認する事には、現実の問題起きるリスクあるのだから、開かれた論理的議論と国民に説明が必要。最悪シナリオは、失敗した治験後期の費用

RT @norionakatsuji: 少しは反論してるが不十分かも。然し、安全性確認だが有効性未確認(代替治療に対する優位性の以前に)の段階で条件付承認する事には、現実の問題起きるリスクあるのだから、開かれた論理的議論と国民に説明が必要。最悪シナリオは、失敗した治験後期の費用

RT @norionakatsuji: 少しは反論してるが不十分かも。然し、安全性確認だが有効性未確認(代替治療に対する優位性の以前に)の段階で条件付承認する事には、現実の問題起きるリスクあるのだから、開かれた論理的議論と国民に説明が必要。最悪シナリオは、失敗した治験後期の費用